Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アポ取得の委託先が顧客情報を誤って他社へ報告 - 宮崎のCATV局

宮崎県のケーブルテレビ局であるケーブルメディアワイワイは、委託先が一部顧客情報を、関係ない別の事業者に対する報告データへ誤って混入させていたことを明らかにした。

同社によれば、8月19日、電話によるアポイントの取得を行っている業務委託先において、同社とは無関係である別の委託元への報告データに、同社の顧客情報を誤って混入させたもの。訪問先の氏名や住所、電話番号など708件が含まれていた。

誤って報告を受けた事業者がデータの誤りに気づき、データを削除。データの不正利用などは確認されていないという。

同社では、認定個人情報保護団体へ報告。再発を防止するよう委託先に教育の徹底を求めるとともに、委託先管理体制の見直しを実施するとしている。

(Security NEXT - 2019/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
住民税決定通知書のデータ約15万件が外部流出 - 和歌山市
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
監視システムに個人情報を誤保存、委託先から閲覧可能に - ファストリ
中学校職員室で机上の解答用紙が所在不明に - 千葉市