Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アポ取得の委託先が顧客情報を誤って他社へ報告 - 宮崎のCATV局

宮崎県のケーブルテレビ局であるケーブルメディアワイワイは、委託先が一部顧客情報を、関係ない別の事業者に対する報告データへ誤って混入させていたことを明らかにした。

同社によれば、8月19日、電話によるアポイントの取得を行っている業務委託先において、同社とは無関係である別の委託元への報告データに、同社の顧客情報を誤って混入させたもの。訪問先の氏名や住所、電話番号など708件が含まれていた。

誤って報告を受けた事業者がデータの誤りに気づき、データを削除。データの不正利用などは確認されていないという。

同社では、認定個人情報保護団体へ報告。再発を防止するよう委託先に教育の徹底を求めるとともに、委託先管理体制の見直しを実施するとしている。

(Security NEXT - 2019/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
国交省のシステム情報やメアド7.6万件が流出 - 委託先の富士通から報告
NISCの一部システム情報が外部流出 - 富士通「ProjectWEB」への不正アクセスで
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市