Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修案内メールの誤送信で介護施設のメアド流出 - 大阪府

大阪府は、研修の開催を案内するメールで送信ミスが発生し、介護老人福祉施設のメールアドレスが流出したことを公表した。

同府によれば、7月31日に送信した「外国人介護人材の円滑な受入れに関する研修」の開催案内メールにおいて誤送信が発生したもの。

メールアドレスを宛先に設定したため、送信先の介護老人福祉施設225施設のメールアドレスが、受信者間で閲覧できる状態となった。そのうち職員個人が識別できるメールアドレスが25件含まれていたという。

8月5日、施設から研修案内メールが未達であると連絡があり、職員がメールを確認したところ、誤送信に気づいた。対象となる施設には、電話とメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大
認定個人情報保護団体向けメールで誤送信、メアド流出 - 個情委
テストメールを誤送信、メアドが受信者間に流出 - トヨタ子会社