Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能

「Apache Tomcat」の開発チームは、最新版となる「同9.0.24」をリリースした。バグの修正のほか、「HTTP/2」によるDDoS攻撃への保護機能を追加した。

「HTTP/2」の実装にDoS攻撃へ悪用される可能性がある脆弱性が含まれるケースがあるとして、Netflixがアドバイザリを公表しているが、「Apache Tomcat」のセキュリティチームは、いずれもApache Tomcatでサービス拒否に陥ることはなく、急いで対応する必要はないと説明。

攻撃によって生じる負荷は、有効なクライアントのトラフィックによって生じる負荷と同様であり、ユーザー側の振る舞いに起因するものであるとし、サービス拒否の脆弱性とはみなしていないという。

一方、今回のレポートを踏まえて、既存のオーバーヘッド保護を拡張。不正な動作を検出し、接続を閉じるオプションを用意した。

開発チームは、保護機能の追加のほか、機能強化やバグの修正を行った「同9.0.24」をリリース。同じく保護機能を追加した「同8.5.44」についても公開に向けて準備を進めている。

(Security NEXT - 2019/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ