Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人口移動調査の調査票を誤送付、転出先ではなく転出元へ - 大阪市

大阪市は、人口移動要因調査において、委託先が調査票を誤った住所へ送付していたことを明らかにした。

同市によれば、調査票の発送業務を委託している業者において、8月1日に発送した調査票のうち、同市を転出した対象者に送付すべき調査票最大4292件を、誤って転出前の住所に送付したという。同月2日に住居の管理者から転出者宛てに調査票が届いているとの連絡があり、問題が判明した。

同市では委託業者に対し、調査に関する問い合わせがあった場合に備えて、転出前と転出後の住所リストを貸与。転出後の住所へ送付するよう指示していたが、委託業者は転出前の住所へ送付するよう指示されたと誤認していたという。

(Security NEXT - 2019/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害