Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クロネコメンバーズ」にPWリスト攻撃 - 不正ログイン3400件

ヤマト運輸の会員制ウェブサービス「クロネコメンバーズ」において不正ログインが発生し、個人情報が閲覧された可能性があることがわかった。

同社によれば、7月23日、特定のIPアドレスを発信元とする不正ログインを確認したもの。第三者が本人になりすましてログインを試みる「パスワードリスト攻撃」と見られ、ログインを試行された約3万件のうち、3467件のアカウントでログインを許した。

不正ログインを許した場合、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、性別、クロネコID、クレジットカードの名義やカード番号の下4桁、有効期限のほか、アドレス帳に含まれる氏名や住所、電話番号などが閲覧された可能性がある。

同社では、攻撃元IPアドレスからのログインを遮断。不正ログインを許したIDに対しては、パスワードを変更しなければ使用できないように対策を講じるとともに、対象となる顧客に連絡を行っている。

今回不正ログインで使用されたIDやパスワードは、同社以外で流出したものとしており、同社経由の流出については否定している。

(Security NEXT - 2019/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
「Sポイント」会員サイトに約1000万回のログイン試行 - ポイント交換も
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も