Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

規定改善や抑止策などブランド毀損対策を支援 - クニエ

NTTデータのグループ会社であるクニエは、組織に潜在するリスクについてアドバイスを提供するサービスを開始した。

今回提供を開始した「インシデントリスクアドバイザリー」は、組織内に潜むリスクを発見し、不正の抑止やインシデントの発生にともなうブランド毀損リスクの低減を支援するサービス。

リスクマネジメント部門に限らず、情報システム、広報などで対応の必要が生じるリスクについて、eDiscoveryやフォレンジックによる企業の不正調査、クライシスコミュニケーションなどのノウハウをもとに、規定やルールの改善、抑止策の策定などをサポート。

過去の事例などを踏まえ、第三者の視点からアドバイスを提供するほか、発見したリスクに対するソリューションについてもワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2019/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア