Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS

GRCSは、重要インフラの制御システムを対象とした「制御システムセキュリティ対策コンサルティングサービス」を提供開始する。

同サービスは、電力やガス、金融、鉄道、航空、医療など、内閣サイバーセキュリティセンターが「重要インフラ」として特定している14分野における制御システムのセキュリティ対策を支援するもの。

具体的には、国内と海外の拠点におけるセキュリティリスクアセスメントを実施し、制御システムセキュリティ対策のロードマップを策定。セキュリティ規程の整備や、セキュリティ人材育成に向けたトレーニングを提供する。

運用フェーズでは、同社ツールによるセキュリティインシデント対応を提供するほか、外部委託先管理ツールを活用した委託先管理の支援などを行う。

(Security NEXT - 2019/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件