Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市

長崎県五島市において、個人情報含む特定健診受診勧奨名簿が所在不明になっている。同市は名簿を管理する立場だった職員を戒告処分とした。

同市によれば、4月18日、市が特定健診の受診を勧めるために作成している名簿が所在不明になったもの。

同名簿には、富江町女亀地区および山崎地区の78世帯、118人の氏名や住所、生年月日、年齢、性別、特定健診受診歴などが記載されていた。

同問題を受け、健康増進事業の総括する立場だった係長級の職員を7月16日付で戒告とした。また上司や関係職員についても訓告としている。

(Security NEXT - 2019/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
外来受診者の一部名簿が所在不明に - ちば県民保健予防財団
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
二十歳の集い対象者の個人情報を市サイトで誤公開 - 美馬市
ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
高齢者名簿が入ったリュックが電車内で置き引き被害 - 青梅市
競技場観覧席で生徒名簿が強風で飛ばされ紛失 - 埼玉県
小学校で名簿紛失、家庭訪問で持ち出した際に - 堺市