Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処

「Chrome」の開発チームは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに最新版となる「Chrome 75.0.3770.142」をリリースした。数週間以内に展開するとしている。

今回のアップデートでは、脆弱性2件を修正した。「JavaScript」のエンジンである「V8」がクラッシュする脆弱性「CVE-2019-5847」を解消。脆弱性の重要度は4段階中2番目にあたる「高(High)」とされている。

またセンシティブな情報が漏洩するおそれがあるフォントサイズの脆弱性「CVE-2019-5848」に対処した。重要度は1段階低い「低(Low)」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2019/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も