Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC

NECは、通信事業者のネットワークを流れる通信の制御信号をもとに、サイバー攻撃を検知する製品を開発し、販売を開始した。

同製品は、移動体通信における制御信号「C-Plane(Control Plane)」の特徴を抽出。平時の状態をモデル化し、基準からはずれた振る舞いの通信をサイバー攻撃として検知、分析できる。

ネットワーク機器のベンダーや構成に依存せず、サイバー攻撃と判断した理由も確認でき、同社は、同製品によって従来の工数を最大で90%削減できるとしている。

監視、分析対象とする信号やプロトコルの特徴を追加することが可能。移動体通信事業者と固定通じ業者の境界にも適用できる。

(Security NEXT - 2019/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure