Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就業支援事業の求職者向けメールで誤送信 - 大阪府

大阪府は、委託事業者においてメールの送信ミスが発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同府によれば、7月1日18時半ごろ、就業支援事業「OSAKAしごとフィールド」の求職者に対し、委託事業者が送信したアンケートメールにおいて送信ミスがあったもの。

送信先を誤って「CC」に設定したため、36人のメールアドレスが受信者間で確認できる状態となった。

送信から2時間後にミスに気づき、翌2日に同府へ報告。委託事業者では同府の指示を受け、対象となる求職者にメールと電話で連絡を取っており、連絡が取れた関係者に対して謝罪、メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
テストメールを誤送信、メアドが受信者間に流出 - トヨタ子会社
総合文化センターでメール誤送信、利用者メアドが流出 - 松前町
メール誤送信で救命サポーターのメアド流出 - 奈良市消防局
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
同門会向けメール2件で誤送信が発生 - 敦賀市立看護大
アンケートメールを誤送信、氏名やメアド流出 - 鉾田市
メルマガで誤送信、企業担当者のメアド流出 - 福岡市