Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Linux」や「FreeBSD」に脆弱性 - リモートよりDoS攻撃受けるおそれ

「Linux」や「FreeBSD」においてTCP通信の処理に問題があり、動作が遅くなったり、サービス拒否に陥る脆弱性が明らかになった。脆弱性を修正するアップデートが提供されている。

「Linux」や「FreeBSD」において「SACK(Selective Acknowledgement)パケット」の処理に関する複数の脆弱性が明らかとなったもの。

「Linux」では整数オーバーフローが発生する「CVE-2019-11477」や動作が遅くなるなど不具合が生じる「CVE-2019-11478」が判明。

さらにハードコードされた「Maximum Segment Size(MSS)」の制限により、断片化したパケットが増加。リソースを消費してサービス拒否が生じる「CVE-2019-11479」が明らかとなっている。

(Security NEXT - 2019/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性