Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース

Mozilla Foundationは、深刻な脆弱性に対処したセキュリティアップデート「Firefox 67.0.3」をリリースした。すでに脆弱性の悪用が確認されている。

今回のアップデートは、JavaScriptの処理において型の取り違えが生じ、クラッシュする深刻な脆弱性「CVE-2019-11707」に対処したもの。前週6月11日にアップデートを公開したばかりだが、異なる脆弱性となっている。

今回のアップデートにおいて修正された脆弱性はCVEベースで1件のみだが、すでに標的型攻撃への悪用が確認されており、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

開発チームは、「Firefox 67.0.3」および「Firefox ESR 60.7.1」をリリース。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも
MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
「Chrome 89.0.4389.90」がリリース - ゼロデイ脆弱性に対処
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生