Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開

「MUFGカード」の利用者を狙うフィッシング攻撃が確認されている。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

同様議会によれば、「重要:必ずお読みください」といった件名のフィッシングメールが出回っているもの。「第三者によるアクセスを確認し、IDを暫定的に変更した」などとだまし、偽サイトへ誘導していた。

「.info」「.art」「.top」「.mobi」「.ink」「.xyz」「.ltd」といったトップレベルドメインを利用し、少なくとも11種類のドメインでフィッシングサイトが展開されていた。いずれも「mufg」との文字列が含まれる。

6月4日の時点でフィッシングサイトの停止が確認されているが、同協議会では類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?