Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、顧客情報が記載された書類が所在不明になっていることを明らかにした。

同機構によれば、近畿支店において償還予定表や抵当権設定契約証書の写しなど、個人情報が記載された書類6件の所在がわからなくなっているもの。2月15日に判明した。

これら書類には、顧客の氏名や住所、契約内容が記載されており、あわせて9件の顧客情報が含まれる。

同機構は、外部から問い合わせなど寄せられていないことを理由に、内部で誤って書類を廃棄した可能性が高く、外部へ流出した可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
小学校と中学校で個人情報の紛失が判明 - 尼崎市
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
顧客情報含む業務用PCを帰宅時に紛失 - サンケイビル
保守委託先で顧客情報含むHDDが所在不明 - はばたき信組
児童養護施設で児童の個人情報含む書類が所在不明 - 岐阜県
不妊対策助成事業の一部申請書が所在不明に - 東京都
FC会員情報含むUSBメモリを撮影会場で紛失 - 新日本プロレス