Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、顧客情報が記載された書類が所在不明になっていることを明らかにした。

同機構によれば、近畿支店において償還予定表や抵当権設定契約証書の写しなど、個人情報が記載された書類6件の所在がわからなくなっているもの。2月15日に判明した。

これら書類には、顧客の氏名や住所、契約内容が記載されており、あわせて9件の顧客情報が含まれる。

同機構は、外部から問い合わせなど寄せられていないことを理由に、内部で誤って書類を廃棄した可能性が高く、外部へ流出した可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
個人情報含む土地境界確認書を紛失 - 国交省
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院