Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県

佐賀県は、伊万里保健福祉事務所において医療費支給申請者の個人情報を含むメールで、送信ミスがあったことを公表した。

同県によれば、職員が4月16日17時過ぎに県精神保健福祉センターへメールを送信するところ、誤って無関係である事業者の代表メールアドレスへ送信するミスがあったという。

問題のメールには、精神科通院医療費支給認定の申請者一覧表で、53人分の氏名や台帳番号、生活保護需給の有無、課税状況の確認ができる市町名などが含まれる。そのうち1人に関しては住所や生年月日、傷病名、主治医名、訪問看護上の留意事項なども記載されていた。

17日に担当者が誤送信に気付き、誤送信先の事業者へ連絡して誤送信したメールの削除を依頼。訪問して、削除を確認した。

メールを受信した事業者の従業員5人のうち4人は未開封で1人は開封したものの、内容は認識していない状況だったとしている。

同県では対象となる申請者に対し、職員が電話と訪問により説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会