Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県

佐賀県は、伊万里保健福祉事務所において医療費支給申請者の個人情報を含むメールで、送信ミスがあったことを公表した。

同県によれば、職員が4月16日17時過ぎに県精神保健福祉センターへメールを送信するところ、誤って無関係である事業者の代表メールアドレスへ送信するミスがあったという。

問題のメールには、精神科通院医療費支給認定の申請者一覧表で、53人分の氏名や台帳番号、生活保護需給の有無、課税状況の確認ができる市町名などが含まれる。そのうち1人に関しては住所や生年月日、傷病名、主治医名、訪問看護上の留意事項なども記載されていた。

17日に担当者が誤送信に気付き、誤送信先の事業者へ連絡して誤送信したメールの削除を依頼。訪問して、削除を確認した。

メールを受信した事業者の従業員5人のうち4人は未開封で1人は開封したものの、内容は認識していない状況だったとしている。

同県では対象となる申請者に対し、職員が電話と訪問により説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園