Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大

千葉大学は、同大の教員が管理する外部からアクセス可能なウェブサーバ上に、学生の個人情報が保管されていたことを明らかにした。

同大によれば、外部からアクセス可能なウェブサーバ上に、2006年当時に工学部において開講していた科目に関する学生81人の氏名や性別、学生証番号、所属、年次、入学年月日、レポート提出状況などを保管していたもの。

問題の発覚後、対象となるウェブサーバはネットワークから隔離しており、現在は閲覧できない状態。個人情報が不正に使用されたといった報告は受けていないという。

同大では、対象となる学生に対し、書面で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

駅舎見学会の応募者情報が流出、フォーム設定ミスで - 越前市
メール送信ミスで商品購入者情報が流出 - 革小物の小売業者
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区