Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大

千葉大学は、同大の教員が管理する外部からアクセス可能なウェブサーバ上に、学生の個人情報が保管されていたことを明らかにした。

同大によれば、外部からアクセス可能なウェブサーバ上に、2006年当時に工学部において開講していた科目に関する学生81人の氏名や性別、学生証番号、所属、年次、入学年月日、レポート提出状況などを保管していたもの。

問題の発覚後、対象となるウェブサーバはネットワークから隔離しており、現在は閲覧できない状態。個人情報が不正に使用されたといった報告は受けていないという。

同大では、対象となる学生に対し、書面で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社