Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス

電気事業者のエネクスライフサービスは、電気料金の支払い依頼書を異なる顧客の住所へ郵送していたことを明らかにした。

同社によれば、3月19日に郵送した3月分の「電気料金お支払いのお願い」239件において、誤った住所を記載したもの。書類の作成時、システムの誤操作により宛先の住所を誤って記載。そのまま発送してしまったという。

3月22日、宛先不明で同社に返送されたことや、同社サポートセンターに誤った宛名の郵便物が届いたと連絡があったことで、誤送付が判明した。

同社では、対象となる顧客に電話で事情を説明し、謝罪。誤送付した書類の回収を進めるとともに、正しい書類を作成して順次発送するとしている。

(Security NEXT - 2019/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
配送ラベル二重貼り、異なる顧客情報 - 3Dプリンタ販売会社
胃がん検診票が所在不明、郵便局に受領データなし - 相模原市
家庭訪問の事前連絡票を誤送付、コピペミスで異なる宛先に - 江戸川区
マイナンバーカード交付通知書を誤送付 - 志摩市
自治体へ送付する過程で障害者手帳などが所在不明に - 東京都
書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測