Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス

電気事業者のエネクスライフサービスは、電気料金の支払い依頼書を異なる顧客の住所へ郵送していたことを明らかにした。

同社によれば、3月19日に郵送した3月分の「電気料金お支払いのお願い」239件において、誤った住所を記載したもの。書類の作成時、システムの誤操作により宛先の住所を誤って記載。そのまま発送してしまったという。

3月22日、宛先不明で同社に返送されたことや、同社サポートセンターに誤った宛名の郵便物が届いたと連絡があったことで、誤送付が判明した。

同社では、対象となる顧客に電話で事情を説明し、謝罪。誤送付した書類の回収を進めるとともに、正しい書類を作成して順次発送するとしている。

(Security NEXT - 2019/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客への連絡メール誤送信でメアド流出 - スポーツ用品メーカー
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
卒業証明書を封入ミスで誤送付 - 中京大
農村地域生活アドバイザー関連書類を一時紛失、関係者宅で見つかる - 新潟県