Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス

電気事業者のエネクスライフサービスは、電気料金の支払い依頼書を異なる顧客の住所へ郵送していたことを明らかにした。

同社によれば、3月19日に郵送した3月分の「電気料金お支払いのお願い」239件において、誤った住所を記載したもの。書類の作成時、システムの誤操作により宛先の住所を誤って記載。そのまま発送してしまったという。

3月22日、宛先不明で同社に返送されたことや、同社サポートセンターに誤った宛名の郵便物が届いたと連絡があったことで、誤送付が判明した。

同社では、対象となる顧客に電話で事情を説明し、謝罪。誤送付した書類の回収を進めるとともに、正しい書類を作成して順次発送するとしている。

(Security NEXT - 2019/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市