Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県議会選挙関連の情報含む資料を誤ファックス - 長野県

長野県は、県議会選挙の立候補手続きに関する説明会の出席者名簿を、職員が誤って無関係の第三者へファックス送信したことを明らかにした。

同県によれば、3月13日に開催された「長野県議会議員一般選挙の立候補手続き等に関する説明会(東信地区)」の受付名簿15枚を、誤って第三者へファックスで送信したもの。

誤送信した名簿には、立候補予定者15人の氏名や住所、年齢、所属党派、事務所の所在地と電話番号のほか、通称申請予定、出席者28人の氏名などが記載されていた。そのうち立候補予定者の情報は、同日中に報道機関へ提供済みだとしている。

同日14時半過ぎ、職員が県選挙管理委員会へ名簿をファックス送信し、電話で送信したことを伝えたが、県選管からファックスを受信していないと連絡があり、不着が判明。履歴を確認したところ、違う番号へ送信していたという。

同県では誤送信先に連絡を試みており、連絡がとれ次第、謝罪して誤送信した名簿を回収する。また、説明会に出席した15陣営には、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県