Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県議会選挙関連の情報含む資料を誤ファックス - 長野県

長野県は、県議会選挙の立候補手続きに関する説明会の出席者名簿を、職員が誤って無関係の第三者へファックス送信したことを明らかにした。

同県によれば、3月13日に開催された「長野県議会議員一般選挙の立候補手続き等に関する説明会(東信地区)」の受付名簿15枚を、誤って第三者へファックスで送信したもの。

誤送信した名簿には、立候補予定者15人の氏名や住所、年齢、所属党派、事務所の所在地と電話番号のほか、通称申請予定、出席者28人の氏名などが記載されていた。そのうち立候補予定者の情報は、同日中に報道機関へ提供済みだとしている。

同日14時半過ぎ、職員が県選挙管理委員会へ名簿をファックス送信し、電話で送信したことを伝えたが、県選管からファックスを受信していないと連絡があり、不着が判明。履歴を確認したところ、違う番号へ送信していたという。

同県では誤送信先に連絡を試みており、連絡がとれ次第、謝罪して誤送信した名簿を回収する。また、説明会に出席した15陣営には、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県