Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

流出した「宅ふぁいる便」顧客情報は481万5399件 - 受託ファイルの被害は確認されず

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」が不正アクセスを受け、顧客情報が流出した問題で、オージス総研は具体的な被害件数を明らかにした。

同社によれば、流出した顧客情報は、プレミアム会員475万329件をはじめ、ビジネスプラス会員2万2569件、退会者4万2501件のあわせて481万5399件。一部サーバの脆弱性が突かれたのが不正アクセスの原因だとしている。

今回の問題を受け、同社では外部事業者の協力のもと、ログ分析といった調査を実施。これまで約480万件が流出したと説明してきたが、あらたな被害は確認されなかったとし、被害の範囲を確定させた。あわせて同サービス上で受託したファイルの外部流出についても否定している。

またこれら登録された情報のうち、134万8361件については、メールアドレスが無効で連絡が取れないとしている。

同社は、同サービスについて機能面なども含め、システムの再構築が必要であるとし、当面休止する方針で今後の対応については、決定次第アナウンスする予定。

(Security NEXT - 2019/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明