Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み

マイクロソフトは、3月の月例のセキュリティ更新をリリースし、CVEベースで64件の脆弱性を修正した。ゼロデイ攻撃が確認されている脆弱性2件も含まれる。

20190313_ms_001.jpg
マイクロソフトによるリリースノート

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてリリースしたもので、今回のアップデートでは、「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」の脆弱性を修正。

さらに「Office」「ChakraCore」「Team Foundation Server」「Skype for Business」「Visual Studio」「NuGet」における脆弱性に対処した。

脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が17件、次いで深刻度が高い「重要」が45件。1段階低い「警告」やさらに低い「注意」とレーティングされた脆弱性がそれぞれ1件づつとなっている。

脆弱性によって影響は異なるが、26件の脆弱性に関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがあるという。また「権限の昇格」「サービス拒否」「情報漏洩」「改ざん」「なりすまし」「セキュリティ機能のバイパス」といった問題に対応した。

(Security NEXT - 2019/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処