Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター

国立精神・神経医療研究センターは、患者を撮影した画像が保存されたタブレット端末を、職員が帰宅途中に電車に置き忘れ、紛失したことを明らかにした。

同センターによれば、3月2日に同センターの作業療法士が研修会で講師として説明を行った後、会食と飲酒を行い、帰宅途中に電車内に鞄を置き忘れたもの。鞄には、研修で使用した同センターが貸与するタブレット端末や機器が入っていた。

問題の端末には、約25人分の患者を撮影した画像データを保存。そのうち22人は顔の周辺が写っていた。氏名や住所などは含まれていない。同画像は、作業療法時に患者へフィードバックする目的で、本人の了承を得て撮影したものだという。

紛失後、駅や警察へ端末の紛失を届けたが見つかっていない。同月4日に、端末内の情報を遠隔から消去するコマンドを送信する作業を行ったと同センターは説明。同月6日の時点で11人については対象者が特定できており、事情を説明、謝罪する書面を送付する。また、のこりの患者についても特定作業を引き続き進める方針。

(Security NEXT - 2019/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院