Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?

「LINE」を装ったメールで利用アカウントに「異常ログイン」が生じているなどとだまし、フィッシングサイトへ誘導する攻撃が確認された。

20190306_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会が注意喚起を行ったもので、問題のメールは「LINE 重要情報」「LINE 緊急問題」などの件名で流通している。

フィッシングメールの本文では、アカウントで「異常ログインされた」などと説明。

安全確認のためにウェブページで検証するよう促し、本文内に記載したURLへアクセスするよう求めていた。誘導先のURLは複数確認されているという。

(Security NEXT - 2019/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中
オリコカード利用者狙ったフィッシング - 他カードの利用者も注意