Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童の指導資料が所在不明に - 神戸市

神戸市の市立小学校において、児童の個人情報が記載された指導資料が所在不明になっていることがわかった。

同市によれば、西区の小学校で保管していた児童32人を含む1クラス分の児童指導資料が所在不明になっているもの。

同資料は保護者より提出されたもので、氏名や住所、電話番号、生年月日、家族の氏名、勤務先、緊急連絡先、自宅から学校までの地図、児童の身体面や性格面の留意点などが記載されている。

校内を捜索したが発見できず、警察へ届けた。同校では、対象となる児童の家庭訪問を行って、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市
小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明、判明は4月 - 横須賀市
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市
市立小で「家庭連絡票」ファイル6冊が所在不明に - 大阪市
市立校で児童健康調査票を誤送信、メアド入力ミスで - 安曇野市