Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童の指導資料が所在不明に - 神戸市

神戸市の市立小学校において、児童の個人情報が記載された指導資料が所在不明になっていることがわかった。

同市によれば、西区の小学校で保管していた児童32人を含む1クラス分の児童指導資料が所在不明になっているもの。

同資料は保護者より提出されたもので、氏名や住所、電話番号、生年月日、家族の氏名、勤務先、緊急連絡先、自宅から学校までの地図、児童の身体面や性格面の留意点などが記載されている。

校内を捜索したが発見できず、警察へ届けた。同校では、対象となる児童の家庭訪問を行って、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
学費振替情報を無関係79校に誤送信 - かながわ信金
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
小学生から募集した「ぎふエコ宣言」ハガキを紛失 - 岐阜県
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大