Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールによる個人情報流出、原因はDB編集ミス - 阪神タイガース

プロ野球球団の阪神タイガースは、メール経由で個人情報が流出した問題で、調査結果を公表した。

2月12日14時ごろ、同球団の業務委託先がチケットを案内する1369件のメールを送信したが、受信者とは関係ない個人情報が記載される問題が発生。翌13日に公表し、詳細について調査を進めていた。

同球団によれば、委託先が送信先のデータを編集した際、操作ミスがあったことが判明。氏名や電話番号などの個人情報とメールアドレスでずれが生じ、本来とは異なる個人情報が記載された状態でメールが送信されたという。

今回の問題を受け、同球団では対象となる顧客に対し、電話などで連絡を取り、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大