Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールによる個人情報流出、原因はDB編集ミス - 阪神タイガース

プロ野球球団の阪神タイガースは、メール経由で個人情報が流出した問題で、調査結果を公表した。

2月12日14時ごろ、同球団の業務委託先がチケットを案内する1369件のメールを送信したが、受信者とは関係ない個人情報が記載される問題が発生。翌13日に公表し、詳細について調査を進めていた。

同球団によれば、委託先が送信先のデータを編集した際、操作ミスがあったことが判明。氏名や電話番号などの個人情報とメールアドレスでずれが生じ、本来とは異なる個人情報が記載された状態でメールが送信されたという。

今回の問題を受け、同球団では対象となる顧客に対し、電話などで連絡を取り、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性