Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールによる個人情報流出、原因はDB編集ミス - 阪神タイガース

プロ野球球団の阪神タイガースは、メール経由で個人情報が流出した問題で、調査結果を公表した。

2月12日14時ごろ、同球団の業務委託先がチケットを案内する1369件のメールを送信したが、受信者とは関係ない個人情報が記載される問題が発生。翌13日に公表し、詳細について調査を進めていた。

同球団によれば、委託先が送信先のデータを編集した際、操作ミスがあったことが判明。氏名や電話番号などの個人情報とメールアドレスでずれが生じ、本来とは異なる個人情報が記載された状態でメールが送信されたという。

今回の問題を受け、同球団では対象となる顧客に対し、電話などで連絡を取り、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
キャンペーン応募者宛のメールに無関係の顧客氏名 - 積水化学工業