Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NASのOS狙うマルウェアが発生か - QNAPが調査中

QNAP Systemsは、同社製NAS製品に影響を与えるマルウェアの報告を受けているとして、解析を進めている。同社ではできるだけ早急に対策を提供したい考えだ。

同社NAS製品で採用されている専用OS「QTS」に影響を及ぼすマルウェアについて報告を受けているとして、アドバイザリを公表したもの。

脆弱性を示すCVE番号は採番されていないが、同社ではアドバイザリの重要度を「高(High)」とレーティングしており、緩和策をアナウンスした。

具体的には、「Malware Remover」や同OS、NASにインストールされているアプリケーションを最新の状態に保つよう呼びかけている。ただし、「Malware Remover」のアップデート中に問題が生じた場合は、対策を待つよう求めた。

また今回の問題について、JPCERTコーディネーションセンターは、公開された内容以外の情報は得ていないと説明。開発元からの発表に注意するよう利用者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
北朝鮮支援グループが医療機関にランサム攻撃 - 米政府が注意喚起
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
神奈川県が偽サイトに注意喚起 - マルウェア感染のおそれ
「Emotet」感染でアカウント奪われ、大量のメール送信 - 埼大
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール
新手の攻撃?と思いきや、被害組織のPPAPシステムが「Emotet」メールも暗号化
開くだけで感染、「Emotet」新手口 - 「アイコン偽装」でさらに拡張子を隠蔽