Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NASのOS狙うマルウェアが発生か - QNAPが調査中

QNAP Systemsは、同社製NAS製品に影響を与えるマルウェアの報告を受けているとして、解析を進めている。同社ではできるだけ早急に対策を提供したい考えだ。

同社NAS製品で採用されている専用OS「QTS」に影響を及ぼすマルウェアについて報告を受けているとして、アドバイザリを公表したもの。

脆弱性を示すCVE番号は採番されていないが、同社ではアドバイザリの重要度を「高(High)」とレーティングしており、緩和策をアナウンスした。

具体的には、「Malware Remover」や同OS、NASにインストールされているアプリケーションを最新の状態に保つよう呼びかけている。ただし、「Malware Remover」のアップデート中に問題が生じた場合は、対策を待つよう求めた。

また今回の問題について、JPCERTコーディネーションセンターは、公開された内容以外の情報は得ていないと説明。開発元からの発表に注意するよう利用者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず
欧州で拡散するAndroid狙うマルウェア「FluBot」 - 荷物追跡アプリ偽装
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場