Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS

「Microsoft Exchange Server」に権限昇格の脆弱性が判明した問題で、同社は2月の月例セキュリティ更新で脆弱性に対応した。

同製品において他ユーザーになりすまし、管理者権限を取得することが可能となる脆弱性が明らかとなり、同社ではアドバイザリを公開。修正プログラムの準備を進めていた。

同社によると、今回明らかとなった問題に対し、2件の脆弱性「CVE-2019-0686」「CVE-2019-0724」に関連付けられたセキュリティ更新プログラムで修正を図ったという。いずれも深刻度のレーティングは「重要」となっている。

「CVE-2019-0686」については、EWSクライアント間との通知方法を変更。認証済みの通知がストリーミングされないようにし、匿名認証のメカニズムを利用して配信されるよう変更した。

(Security NEXT - 2019/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も