Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2件の個人情報関連事故を公表 - 静岡市

静岡市は、市立静岡病院で発生した伝票の誤交付をはじめ、2件の個人情報に関連する事故を公表した。

市立静岡病院では、3月3日に患者の会計処理においてミスがあり、氏名や住所、受診科、会計内容、IDなど個人情報を記載した別の患者の会計伝票を手渡す事故が発生した。同市によれば、混雑のため、支払受付業務の手順が守られていなかったという。

同市では誤って手渡した患者を訪問して精算を実施。職員が謝罪して誤った伝票を回収した。また個人情報が漏洩した患者に対しても事情の説明や謝罪を行っている。

また清水区で、3月24日に国民健康保険料所得申告書が本人とは関係ない第三者へ誤配達されていたことが判明した。同申告書には、住所、氏名、通知書番号、性別、生年月日、年齢などが記載されており、同区職員が住民宅を訪問して回収した。また配達を行った郵便事業が宛名を十分確認していなかったとして、再発防止を申し入れている。

(Security NEXT - 2009/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
DV被害者の住所を加害者に交付 - 加古川市
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
人権救済申立の勧告書に実名、マスキング漏れで - 大阪弁護士会
個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市