Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害

大塚商会のホスティングサービスが不正アクセスを受け、約5000件にのぼる利用者のウェブサイトに不正なファイルが設置されたことがわかった。すでに問題のファイルは削除されており、情報漏洩なども発生していないという。

不正アクセスを受けたのは、同社が提供している「アルファメール」および「アルファメールダイレクト」のウェブホスティングサービス。

1月19日10時ごろ、一部ホスティングサービスの利用者が導入するコンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」を踏み台として、ウェブサーバが稼働するOSの脆弱性を突いた不正アクセスを受けたという。

ホスティングサービスの基盤となるOSが不正アクセスを受けたことで、同システムの共有ウェブサーバ上で稼働するウェブサイトに被害が波及。あわせて約5000件のウェブサイトに不正なファイルが設置された。

(Security NEXT - 2019/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用