Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意

三井住友銀行をかたるショートメッセージが送信されているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

20181226_ap_001.jpg
偽サイトへ誘導するSMS(画像:フィ対協)

問題のショートメッセージ(SMS)では、オンラインバンキングに関するエラーの通知に見せかけ、偽サイトに誘導。ログインパスワードなどをだまし取ろうとしていた。

最初に「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」などとエラーの通知に見せかけたショートメッセージを繰り返し送信。さらにパスワードが翌日に失効するなどと不安を煽り、フィッシングサイトへ誘導。第一暗証の更新などと称して情報をだまし取ろうとしていた。

12月25日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会ではサイトの閉鎖に向けて調査をJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア