Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金

熊本信用金庫は、一部顧客のカードローンに関する契約書や申込書の所在がわからなくなっていることを公表した。誤廃棄の可能性が高いとしている。

同金庫によれば、1983年から1993年にかけて契約したカードローンに関する書類14人分が所在不明になっているもの。8月に契約書および申込書1件を紛失していることが判明。これを受け全店調査を行ったところ、契約書14件や申込書8件など14人分を紛失していることが明らかになったという。

紛失した契約書には、氏名や住所、電話番号、生年月日、勤務先、預金、貸出金残高、口座番号などが記載。一方申込書には、家族状況や年収、取引状況、本人確認書類の記号番号などが含まれる。

同金庫は、文書を扱った当時、統一的な管理運用が行われておらず、誤って廃棄した可能性が高いと説明。対象となる顧客には、説明と謝罪を行った。これら紛失に関連し、外部からの問い合わせなども寄せられていないとしている。

(Security NEXT - 2018/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
業務端末を置き忘れて紛失、個人情報は内部メールのみ - 名古屋電機工業
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
昨年12月に判明した個人情報紛失を公表 - 協会けんぽ
個人情報含む一部建物事前調査報告書が所在不明 - 新潟県