Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表

米Dellは、「dell.com」においてユーザー情報の窃取を試行する攻撃を検知したことを明らかにした。情報流出を示す証拠は見つかっていないとする一方、一部データが削除された可能性があるという。

20181203_de_001.jpg
不正アクセスを受けた「dell.com」

同社によれば、同社ネットワークにおいて11月9日にユーザーの氏名やメールアドレス、ハッシュ化されたパスワードなどを窃取しようとする試行を検知、遮断した。

「dell.com」のほか、「dellpremier.com」などのユーザー情報が流出した可能性がある。ただし、「dellemc.com」および「delltechnologies.com」の情報は含まれない。

同社では攻撃検知後、サービスを停止。捜査当局へ通報するとともに、フォレンジック会社による調査を実施していた。

(Security NEXT - 2018/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー