Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に

Payment Card Forensics(PCF)は、2019年1月1日より商号を「P.C.F. FRONTEO」へと変更する。

今回の商号変更は、同社と親会社であるFRONTEOが連携して業務を推進していることを明確にすることを目的に実施するもの。

PCFでは、クレジットカード業界向けに情報流出時のフォレンジック調査や、セキュリティマネジメント支援サービスを展開。

一方FRONTEOでは、企業内の内部不正調査を中心にリーガル関連サービスを提供している。

(Security NEXT - 2018/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足