Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に

Payment Card Forensics(PCF)は、2019年1月1日より商号を「P.C.F. FRONTEO」へと変更する。

今回の商号変更は、同社と親会社であるFRONTEOが連携して業務を推進していることを明確にすることを目的に実施するもの。

PCFでは、クレジットカード業界向けに情報流出時のフォレンジック調査や、セキュリティマネジメント支援サービスを展開。

一方FRONTEOでは、企業内の内部不正調査を中心にリーガル関連サービスを提供している。

(Security NEXT - 2018/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー