Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し

18歳から34歳の6割強がセキュリティ対策ソフトを使っておらず、4割弱はすべてのアカウントで同じパスワードを使い回しているとの調査結果が明らかとなった。

同調査は、ウェブルートが国内においてパソコン、スマートフォン、タブレット端末の所有者を18〜24歳、25〜34歳、55〜65歳以上にわけ、調査を実施したもの。

2018年第1半期に外部調査会社を依頼して調査を行い、1800人が回答した。パソコンやスマートフォンなどの利用比率などは不明。

同調査によれば、18〜24歳において61%、25〜34歳の67%がセキュリティ対策ソフトを利用していないと回答した。一方、55〜65歳以上は19%にとどまる。
利用者の41%は有料のセキュリティ対策ソフトを利用していた。

一方、パスワード管理については、18〜24歳では37%、25〜34歳は36%が、すべてのアカウントに同一のパスワードを利用していると答えた。一方、55〜65歳以上では17%だった。

(Security NEXT - 2018/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘