Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さいたま市主催「世界盆栽大会」のドメイン、第三者が取得 - アダルト広告サイトに

さいたま市が2017年4月に開催した「第8回世界盆栽大会inさいたま」の公式サイトで利用したドメインが、その後第三者によって取得され、現在はアダルト広告サイトとなっていることがわかった。

閲覧者から連絡があり、同市では事態を把握した。「第8回世界盆栽大会inさいたま」の公式サイトとしてリンクなどを行っている場合は、削除してほしいと呼びかけている。

問題のドメインは登録期間の終了後、複数の取得希望者がいたことからドメインのオークションに出品され、第三者が6月に4万5000円強で落札、取得したようだ。

類似したケースとしては、「Cyber3 Conference Okinawa 2015」の公式サイトに利用されたドメインが、その後第三者によって取得されたケースがある

(Security NEXT - 2018/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
福岡県の水産支援システムがスパム踏み台に - 1日あたり約20万件
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
問合フォームが悪用被害、スパム送信の踏み台に - 日本事務器
「LGWAN」移行前の旧メールアカウントに不正アクセス - 葛飾区
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令