Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも

日本発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2018」が都内で開催中だ。講演情報などを確認できる公式アプリが提供されている。

同イベントは、トレーニングを提供する10月29日、30日が終了し、11月1日から2日間の日程でカンファレンスを予定している。

基調講演やセキュリティに関する講演にくわえ、「サイバー犯罪トラック」「Blockchainトラック」「Law & Policyトラック」など特別トラックを用意。ワールドワイドより招聘された多くの専門家が登壇する予定だ。

同イベントでは、会場案内や講演のほか、コンテスト、展示ブースなどの情報を入手できる公式のスマートフォンアプリを公開。App StoreやGoogle Playより入手できる。

(Security NEXT - 2018/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
国内最大級のCTF大会「SECCON 2021」、12月に開催 - 初心者向けCTFなど5月よりスタート
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中