Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー

ヤフーにおいて、「FIDO2」への対応により、指紋認証などの生体認証を用いたログインが可能になった。

サービス開始当初は、「Android 7.0」以上を端末した搭載された「Chrome 70」以上で対応。Yahoo!Japan IDにログインした状態で生体認証の設定に、認証へ利用するAndroidスマートフォンを登録できる。

端末へ生体情報を登録すると、照合は端末上で行われ、サーバに対しては照合結果のみ送信することでログイン認証を実施。サーバ上に生体情報を保存せずに生体認証を利用できる。また第三者が生体情報を不正に入手した場合も、登録したデバイス以外からはログインできないとしている。

「FIDO2」は、FIDOアライアンスが認定しているウェブ認証の規格。9月に国内企業ではじめて同社では認定を取得していた。

(Security NEXT - 2018/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
ファイル送受信製品「FileZen」に脆弱性 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
グラフや表を作成のWP向けプラグインに深刻な脆弱性
指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
「Apache Shiro」に認証バイパスの脆弱性 - アップデートが公開
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
SonicWall、VPN製品のゼロデイ脆弱性に対処 - 早急に更新を
SonicWallのリモートアクセス製品にゼロデイ脆弱性 - 高度な攻撃も