Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付

ウィルズが運営するオイレス工業の株主優待サービスにおいてメールの誤送信があり、受信者のメールアドレスが流出したことがわかった。

10月5日18時ごろ、オイレス工業プレミアム優待倶楽部の事務局より同サービスへ登録する株主へポイント交換について案内するメールを送信したところ、誤ってファイルを添付するミスが発生した。

問題のファイルには、送信先である株主1183人分のメールアドレスが記載されていた。氏名や住所などの情報は含まれていないという。

今回の問題を受け、ウィルズでは受信者に対し、誤送信したメールの削除を依頼。ログインIDに利用するメールアドレスを、異なるメールアドレスへ変更するよう求めた。

ウィルズによれば、他企業の優待サービスにおいて同様の問題は発生していないとしている。同社では個人情報保護委員会へ事態を報告。再発防止に向け、運用ルールの見直しや、チェック体制の強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2018/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局
私用メアドを登録ミス、業務メールを約4カ月間誤送信 - 厚労省
案内メールの誤送信で新入生間にメアドが流出 - 神戸国際大
メール誤送信で講座参加者のメアド流出 - 京都市スポーツ協会
誤送信で新規採用教員のメールアドレスが流出 - 福岡市
メール誤送信で事業者のメアド流出 - 横須賀市
児童クラブ入会者リストを別事業者へ誤送信 - 宮崎市
受験志望者の保護者宛メールで誤送信 - 名古屋大付属中高