Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性1件を修正した「Firefox 62.0.2」がリリース

Mozilla Foundationは、脆弱性を解消したアップデート「Firefox 62.0.2」をリリースした。

同アップデートは、重要度「中(Moderate)」とされる脆弱性「CVE-2018-12385」に対処したもの。

ユーザープロファイルのローカルキャッシュに保存されるデータによって、SSLに用いる「TransportSecurityInfo」のクラッシュを引き起こすことが可能となるという。

ただし、同脆弱性の悪用するには、別の脆弱性を組み合わせて利用するか、ローカル環境に侵入したマルウェアが必要になるとしている。

(Security NEXT - 2018/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース