Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で

ナノオプト・メディアは、10月上旬に東京および大阪でセキュリティ分野に特化したカンファレンスイベント「Security Days Fall 2018」を開催する。

同イベントは、サイバーセキュリティの動向を紹介するカンファレンスイベント。期間中、有識者やセキュリティベンダー関係者による講演が100講演以上予定されている。

10月1日に大阪で、10月3日から5日に東京で開催する。講演のほか、展示コーナーを設置。くわえてメールセキュリティに関する「E-mail Security Conference 2018」を併催するほか、東京会場では、ハッキングツールやテクニックが学べる「Pen Testing Training」を提供する。

会場は、大阪がグランフロント大阪、東京がJPタワー。参加費は無料だが、事前登録が必要。イベントの詳細な情報や事前登録は、同イベントのウェブサイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2018/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「JSAC 2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
CSIRT交流イベント「NCA Annual Conference 2022」、12月にハイブリッド開催
「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に