Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か

「パソコンにマルウェアを感染させ、内蔵カメラでアダルト動画を閲覧している姿を撮影した」「同僚や友人にばらされたくないなら、仮想通貨を払え」——あたかも受信者の私生活に関する情報を持つかのように振る舞い、金銭を要求する悪質な詐欺メールが9月18日ごろから国内で出回っている。

注意喚起を行ったJPCERTコーディネーションセンターによれば、詐欺メールは、「あなたの秘密の生活」「セキュリティ警告」「アカウントの問題」「読んだ後に電子メールを削除!」といった件名で送信されているもの。

これら詐欺メールの本文では、アダルト動画を見ようとした受信者の端末にマルウェアを感染させ、パソコンに内蔵されたカメラで人には知られたくない私生活を撮影したなどと記載。

端末内部より収集したメールアドレスやSNSに動画を送りつけるなどと脅し、データの消去と引き換えに550ドル相当のBitcoinを支払うよう持ちかける。

これに先立ち、同様の内容が記載された英文のスパムメールが7月21日ごろより流通しており、日本語に翻訳されて国内に出回っているものと見られる。

こうした脅迫メールでは、送信者が実際に受信者のデータを持っているかのよう信じ込ませるため、受信者が実際に利用しているパスワードをメールに記載するケースもある

同センターでは、類似したメールを受信した場合も、要求には応じず冷静に対処するよう呼びかけている。

20180920_jp_001.jpg
確認された日本語による詐欺メール(画像:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2018/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装