Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か

「パソコンにマルウェアを感染させ、内蔵カメラでアダルト動画を閲覧している姿を撮影した」「同僚や友人にばらされたくないなら、仮想通貨を払え」——あたかも受信者の私生活に関する情報を持つかのように振る舞い、金銭を要求する悪質な詐欺メールが9月18日ごろから国内で出回っている。

注意喚起を行ったJPCERTコーディネーションセンターによれば、詐欺メールは、「あなたの秘密の生活」「セキュリティ警告」「アカウントの問題」「読んだ後に電子メールを削除!」といった件名で送信されているもの。

これら詐欺メールの本文では、アダルト動画を見ようとした受信者の端末にマルウェアを感染させ、パソコンに内蔵されたカメラで人には知られたくない私生活を撮影したなどと記載。

端末内部より収集したメールアドレスやSNSに動画を送りつけるなどと脅し、データの消去と引き換えに550ドル相当のBitcoinを支払うよう持ちかける。

これに先立ち、同様の内容が記載された英文のスパムメールが7月21日ごろより流通しており、日本語に翻訳されて国内に出回っているものと見られる。

こうした脅迫メールでは、送信者が実際に受信者のデータを持っているかのよう信じ込ませるため、受信者が実際に利用しているパスワードをメールに記載するケースもある

同センターでは、類似したメールを受信した場合も、要求には応じず冷静に対処するよう呼びかけている。

20180920_jp_001.jpg
確認された日本語による詐欺メール(画像:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2018/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
「あなたのアカウントが通報された」 - 偽警察のLINEアカウントに注意
都食品安全啓発チラシの二次元コード、不正サイト誘導のおそれ
2回目の「特別定額給付金」で誘導するフィッシングに注意
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%