Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地震影響で全域停電の道内DC、自家発電でサービス継続 - 追加燃料の調達急ぐ

9月6日未明に北海道で発生した最大震度7におよぶ地震の影響で大規模な停電が道内全域に広がっている。北海道に展開する各社データセンターでは、自家発電に切り替えてサービスを継続している。いずれも数日分の燃料を備蓄しているとし、追加の燃料について調達を急いでいる。

20180906_ji_001.jpg
北海道地震で観測された各地の震度(図:気象庁)

北海道では、首都圏などからのリスク分散として、冷涼な気候を活かしたエネルギー効率の高さやCO2削減効果、台風や地震といった自然災害のリスクの低さなどをアピール。補助金も出すなど積極的にデータセンターを誘致してきたが、今回一部地域で観測史上はじめてとなる震度7を記録。地震の影響で道内の火力発電所が緊急停止したことから、道内全域で停電が発生し、データセンターの電力供給を直撃した。

停電を受けて道内で運営する各社データセンターでは、備蓄燃料による自家発電に切り替えてサービスを継続。復旧まで少なくとも1週間を要するとの見方も出ており、停電の長期化に向けて準備を進めている。

子会社である富士通エフ・アイ・ピーが札幌市内でデータセンターを展開する富士通によれば、地震の発生前後で稼働状況に変わりはないが、停電を受けて自家発電に切り替えてサービスを運営していると説明。燃料は発電開始より72時間分をあらかじめ用意しており、現在追加の燃料を手配しているという。

同じく札幌市内にデータセンターを有するNECについても、72時間分の燃料を備蓄しており、追加燃料を手配中だとコメントした。またさくらインターネットでは、48時間分の備蓄燃料を使用して現在もサービスを継続。停電の長期化に備えて追加燃料の調達に向けた調整を進めている。

(Security NEXT - 2018/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
千葉県自治体情報セキュリティクラウドで一時障害 - 2カ月連続で発生
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
一部5G回線で一時ネットを利用しづらい状態に - NTTドコモ
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信