Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信

福岡市は、消防局が障害者向けの119番通報システムの登録者へ送信したテストメールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、メールで119番通報ができるシステム「福岡市消防局eメール119番」の登録者に対し、9月3日14時前から15時半にかけて送信したテストメールにおいて誤送信が発生したもの。

104人に対し、13回にわけてメールを送信したが、送信先を誤って宛先に設定。同じグループ内の受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同日中に受信者から指摘があり判明。対象となる登録者にメールで謝罪するとともに、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2018/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市