Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定

ファーストサーバが提供するレンタルサーバサービス「Zenlogicホスティング」において6月19日以降、断続的に利用しづらい状況が発生している。7月9日深夜にメンテナンスを完了し、翌10日10時時点では安定稼働しているという。

20180710_fs_001.jpg
障害が発生した「Zenlogicホスティング」

同社によると、6月19日9時15分ごろより、冗長構成のストレージシステムにおいてデータ入出力が一部システムに偏り、高負荷がかかる状態が発生したもの。約3週間にわたり断続的にサービスが利用しづらい状態に陥った。

影響を受けたのは、ヤフーのIaaS型クラウド基盤を利用している「Zenlogicホスティング」。同サービスの契約数は約3万件で、そのうち一部が影響を受けたが、具体的な契約数などは明らかにされていない。

6月19日以降、ストレージシステムの増設やパラメータの変更など、対応を進めてきたが障害は解消せず、7月6日以降はすべてのサービスを停止。メンテナンス作業を進めていた。

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害