Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マニュアル作成サービスに不正アクセス、一部データが流出 - 原因は調査中

スタディストのマニュアル作成サービス「Teachme Biz」が不正アクセスを受け、一部顧客データが外部へ流出した可能性があることが判明した。

同社が運営するマニュアルなどを作成、共有できるクラウドサービス「Teachme Biz」のサーバが不正アクセスを受けたもので、顧客が作成した動画や画像を補足するための文章が一部流出した可能性があるという。

影響を受けた可能性があるのは、2017年11月5日以前から同サービスを利用している最大1071社。氏名やメールアドレス、アカウント情報、メインとなる動画や画像の流出については否定している。

同社によると、6月21日19時半過ぎにサーバがダウン。原因を調べたところ、同日18時過ぎからダウンする直前にかけて2度の不正アクセスが行われていた形跡があることを翌22日に確認した。

また同月25日に一部データが流出した可能性があることが判明したという。不正アクセスを受けた原因については調査を進めている。

今回の問題を受けて同社では、サーバーを新設して環境を再構築。サーバのアクセスに用いる認証キーを無効化し、再度作成した。通信に関するルールについて見直したほか、監視体制の強化など実施している。

(Security NEXT - 2018/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか