Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能

カスペルスキーは、Windows Server向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Security 10.1 for Windows Server」の新版を提供開始した。

同製品は、Server Coreモード、クラスター構成、ターミナルサーバなど、さまざまな利用構成に対応したWindows Server向けセキュリティ対策製品。脆弱性に対する攻撃やランサムウェアによる暗号化、不要なアプリケーションの起動など、脅威をブロックする機能を搭載している。

新版では、ウェブサイトへのアクセス時にURLやウェブページをスキャンし、不正サイトへのアクセスをブロックできる新機能を用意。カテゴリーによるアクセス制御にも対応。リモートデスクトップサービスやCitrix XenApp環境にも対応する。

また、監視対象に設定したファイルのユーザーアクセス権限やオブジェクト属性などが変更された場合にログを記録することが可能。イベントログを監視し、異常な振る舞いを管理者へ通知する機能などを追加した。

(Security NEXT - 2018/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足