Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボランティア交流センターのサイトに大量アクセス、当面停止に - 福岡市

福岡市は、NPOやボランティアの活動をサポートする公設民営の施設「あすみん」のウェブサイトにおいて、大量のアクセスを受けたとしてサイトを停止した。原因や影響について調査を進めている。

同市によれば、6月2日12時半前、同サイトにアクセスできないことが判明したため、サーバのリソース情報を確認したところ、同日11時半前後、同サイトに対し大量のアクセスが発生していたことがわかった。不正アクセスの可能性も否定できないとして、14時半にシステムをインターネットから遮断した。

同サイトでは、利用登録団体の住所や電話番号などを扱っているが、現時点で情報漏洩は確認されていない。同市では原因や影響について調査を進めており、原因の特定やサイトの安全性確認ができ次第、サービスを再開するとしている。

(Security NEXT - 2018/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - ビーブレイク
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
メルアカ2件に不正アクセス、スパムの踏み台に - 徳洲会関連病院
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー