Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加

総務省は、「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版についてパブリックコメント案を取りまとめた。7月6日まで意見を募集している。

同省では、クラウド事業者がIoTサービスを提供する際の、リスク対応方針について2017年7月より「ASP・SaaSクラウド普及促進協議会」に設置された「クラウド事業者におけるIoTセキュリティ対策及び情報開示に関する検討会」で検討を進めてきたが、検討結果を踏まえ、2014年に策定した同ガイドラインの改定を決定したもの。

今回の改定では、同ガイドラインに「IoTサービスを提供する際のリスクに対する対応方針」を追記。さらに2008年1月に策定した「ASP・SaaS における情報セキュリティ対策ガイドライン」を統合。クラウド事業者が参照するガイドラインの一元化を図っている。

同案に対する意見は、電子政府の総合窓口「e-Gov」やメール、郵送、ファックスで受け付ける。締め切りは7月6日必着で、郵送の場合は同日消印まで有効。

20180607_so_001.jpg
クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン第2版の構成(図:総務省)

(Security NEXT - 2018/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Skyが脆弱性報奨金制度 - CVSS基本値から金額算出、RCEで最大150万円を加算
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
クラウドのセキュリティ責任共有モデルをテーマにセミナー開催 - DBSC
「クラウドサービス提供における情報セキュリティGL」の第3版を公開 - 総務省