Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析

大阪商工会議所、神戸大学、東京海上日動火災保険の3者は、中小企業を狙ったサイバー攻撃の実態調査に向けて共同研究を推進する。

同調査では、一定数の中小企業からネットワーク上の通信データなどを一定期間収集。サイバー攻撃の実態に関する調査と分析を行う。

6月から8月にかけて、調査対象となる中小企業を募集。9月から2019年1月までサイバー攻撃実態調査を実施し、2019年3月に調査結果を発表する計画だという。

調査結果を踏まえ、大阪商工会議所では中小企業向けにセキュリティ対策を啓発。セキュリティ関連ビジネスの活性化、政府や関連団体への要望などを行うとしている。また東京海上日動では実態やニーズに即した保険商品の開発を目指す。

(Security NEXT - 2018/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」