Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社

高速道路の料金収受を行っている中日本エクストール横浜において、元従業員の不正アクセスにより、同社の業務端末上からセキュリティ対策ソフトが削除されていたことがわかった。

同社によれば、元従業員が退職後にセキュリティベンダーのサーバにある管理ツールへ不正アクセスし、業務で利用している複数端末からインストールされていたセキュリティ対策ソフトを削除したという。

同社では業務が妨害されたとして告訴。5月24日に元従業員が書類送検されたことを受けて事態を公表した。同社は取材に対して、被害や告訴の時期、被害の規模、元従業員の担当部署などについては、捜査への影響や元従業員の個人情報であるなどとし、コメントを避けた。

セキュリティ対策ソフトが削除されたことによるマルウェアの感染や、それにともなう情報漏洩などの被害は確認されておらず、同社が提供するサービスへの影響などもなかったという。

(Security NEXT - 2018/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
不正アクセスでスパム送信の踏み台に - バイク修理業者
藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に